おまとめローンに過払い金の心配は?払いすぎに注意


現在、過払い金が大きな問題となっています。過払い金とは、払いすぎた利息のことです。
本来、金利は元金に応じて年利15%・18%・20%の間で設定することとして法律により上限が定められています。しかしこの上限金利を超えて貸付をしても債権者に対する刑事罰はありません。
刑事罰がないということから金利上限を超える金利での貸付を行う金融会社も少なくはないのですが、違法金利には違いないため、債務者が自分で払いすぎを確認することで超過分の利息を返還してもらうことは可能です。
こうしたトラブルに巻き込まれないために債務者が予め金利に関する基礎知識を持っておくことが大切でしょう。

さて、こうした問題からおまとめローンを利用することで過払い金に巻き込まれたら・・・と不安を抱えている人もいるでしょうが、結論から言えば、正規の金融会社を利用する以上はおまとめローンで過払い金を心配する必要はありません。

以前は、刑事罰にあたる違法金利の上限が年利29.2%に設定されていました。そうした法律の矛盾を逆手にとって年15%・18%・20%~年29.2%の間で貸付を行い過払い金へと繋がっていたのですが、問題を受けて2010年に刑事罰に当たる上限金利を年29.2%から年20%にまで引き下げています。
これにより、違法金利での融資は激減しており、貸金業法の規制強化によって正規の金融会社による違法金利での貸付はなくなっています。

それを踏まえ、おまとめローンを利用するなら、銀行や大手消費者金融を利用することでおまとめローンのトラブルを避けることができるでしょう。

http://www.tppmpsfortransparency.org/omatomeloan-shinsa.php