バンクイック、レイク、アイフル利率をまずは確認


借り入れている金利を確認してみましょう。
レイク、バンクイック、消費者金融アイフル利率、それぞれにあるはずです。
そして借り入れ先のすべてが金利が違っていることを確認しましょう。

最初に借り入れをするとき、金利がいくらなのかは充分に確認して比較したでしょう。
しかし消費者金融の場合には金利に幅があっても適用されるのは上限金利になっているはずです。
返済をしていくことで実績を積み、取りはぐれの無いリスクの少ない顧客であると判断されると金利は下がっていきます。
簡単に下がる金利ではありませんので、現状でも新規申し込み時とは変わらない上限金利かもしくはそれに近い金利が適用されているはずです。

金利がどのようなものであったのか今一度確認してみましょう。
借り入れをするとそこには必ず利息をつけて返済しなくてはなりません。
この利息を、年間でどのくらいの割合で支払うのかを表しているのが何%という金利の数字になります。
年間でまとめて支払うものではなく、割合になりますので一日単位で発生する利息です。
借り入れ金額×金利÷365日、これで一日の利息を計算することができるのはどの金融業者でも変わらない方法となります。
18.0%の金利で現在自分の借り入れ先の利息を考えてみましょう。
借り入れ金額と返済までの日数で計算される利息になりますのでひと月の返済に関わる利息はその月は変動しません。
返済額の中で利息が固定となりますので返済額を多くすればそれだけ元金に充当される金額が大きくなることになります。